骨盤は体の中心にあり、上半身と下半身を支えている大切な場所。

いわば体の大黒柱です。

ここが歪んでしまうと、ボディラインが崩れるだけでなく、

健康上でもさまざまな弊害を引き起こしますので、

女性は必見です。

具体的には、

美容的な弊害 健康的な弊害

・猫背 ・血行不良による冷え性
・O脚、X脚 ・頭痛(偏頭痛)
・お尻が垂れる ・肩コリ
・猫背 ・血行不良による冷え性
・寸胴 ・腰痛
・腿が太くなる ・下痢
・脚のむくみ ・便秘
・下っ腹が出る ・生理痛・生理不順
・代謝が落ちて太りやすくなる 
といった具合です。

とてもたくさんありますね。

特に病気を抱えているわけでもないのに、このような不調が続く場合は、骨盤の歪みを疑ってください。

 

あなたは歪んでる?チェックしてみましょう

骨盤の歪みをチェックする方法は色々ありますが、ここでは自分で簡単にできる方法をお教えしましょう。

1.左右の脚の長さを確かめる
まずは真っ直ぐに立ってください。もしどちらかに傾いている感じがしたら、次は床に座って前方に脚を伸ばしてください。かかとの位置が左右で違っているようでしたら、骨盤に歪みが生じています。

2.真っ直ぐ歩いてみる
左右の足音が違うと感じたり、どちらかの脚がガクッと落ちるような感覚があったりしたら要注意。歩いている姿を誰かにチェックしてもらうのも良い方法です。もしマリリンモンローのように、お尻を左右に揺らしながら歩いている風だったら、それも骨盤の歪みの可能性が高いです。

3.しばらく椅子に座る
座っているのが辛くなり、必ず決まった側の脚を組んでしまう場合は、高確率で骨盤が歪んでいます。

 

5分でできる!骨盤の歪み矯正ストレッチのやり方

骨盤の歪みを自覚したら、ストレッチで矯正を行いましょう。ここで紹介する方法は、所要時間は5分ほどですので、いつでもどこでも手軽に行えます。何の道具もいらず、やり方もとても簡単ですので、ぜひ試してみてください。

全部で5ステップあります。それぞれの所要時間は1分ほどです。

【ステップ1】腰を左右に揺らす

足を肩幅くらいに開いて立ち、腰に手を添えます。
上半身は動かさないよう意識して、ゆっくりと腰を左右に揺らします。
この動作を、左10回・右10回行ってください。
【ステップ2】腰を前後に揺らす

足を肩幅くらいに開いて立ち、腰に手を添えます。
上半身は動かさないよう意識し、ゆっくりと腰を前後に揺らします。
この動作を、左10回・右10回行ってください。
【ステップ3】腰を回す

 

 
足を肩幅くらいに開いて立ち、腰に手を添えます。
上半身は動かさないよう意識して、大きな孤を描くように腰を回します。
この動作を、左10回・右10回行ってください。
【ステップ4】両脚を左右に捻る

まず仰向けに寝て、両膝を立てます。(足の裏は床につけてください)
両膝をぴったりとつけたまま、ゆっくりと脚を左右に捻ります。
この動作を、左10回・右10回行ってください。
【ステップ5】体を前後に揺らす

まず仰向けに寝てください。
両膝を曲げて腕で抱え込みます。
その状態のまま、体を揺りかごのように前後に揺らします。
この動作を、前10回・後ろ10回行ってください。
※いずれもリラックスして、きちんと呼吸をしながら行うのがポイントです。