病院で「肩が痛い」と言ったのに

「心臓の検査」を指示され、「なぜ心臓なの?」感じたことはありませんか。
これにはちゃんとした理由があるのです。
心臓の病気では、左肩や腕や背中に痛みを感じることがあります。
これは、心臓から脳に送られる痛みの情報が、途中で体のほかの部位(肩や背中など)からの情報と合流するため、脳がほかの部位の痛みと認識することで起こる現象です。
この現象は「関連痛」と呼ばれます。
関連痛は心臓以外の臓器の疾患でも起こります。
ほかの臓器の病気でもその部位が痛いわけではなく、離れた別の部位が痛いと感じるのです。
痛みが出る部位は臓器ごとに大体決まっていて、肝臓や胆嚢の病気では右肩、腎臓や尿管の疾患ではそけい部から太ももの内側、子宮や卵巣疾患では腰に痛みやしびれなどの症状が現れます。

このため、患者さんの自覚はなくても、
病院では「ここが痛いなら、この臓器の疾患では?」と考えています。
関連痛は私たちにとって診断の大きな手がかりなのです。

関連痛で「ふくづか鍼灸整骨院・整体院」に来院される患者様で多いのが「手・足のだるさ、重さ」。
手足がだるくなることは誰でも経験があると思いますが、単純に身体を使いすぎて起きているのは間違いないのですが。
数日安静にしていても手足のだるさが取れない場合、首や腰を疑った方がいいかもしれません。手の感覚や動かす神経は首から出てきて指先まで伸びています。その神経の通り道を妨げる原因があると手や腕に「痛み」や「だるさ」、「シビレ」を出すことがあります。その通り道を妨げている原因の多くは使いすぎによる筋肉疲労や悪い姿勢からくる首や肩のコリや血行不良が考えられます。時間がたてば和らいでくることがありますが、深い部分で凝り固まった筋肉はストレッチやエキササイズではほぐれないことが多いです。

ご興味、ご相談ございましたら、
お電話、又はメールにてお問合せください。

東大阪の整体・骨盤矯正

ふくづか鍼灸整骨院

〒579-8036 東大阪市鷹殿町4-21

お問合せは  
072-988-5785

又はメールで。 

ホーム/骨盤矯正/クーポン
患者様の声/案内・地図