スポーツ障害

スポーツ障害でよくある外傷には、足の疲労骨折や捻挫、肉離れなどがあります。
その他テニス肘や野球肘・ゴルフ肘、ランナー膝などもよくあります それらスポーツ障害の原因の多くは使いすぎで、通常は誤ったトレーニング法によるものです。
トレーニング後に適度な回復時間をとらなかったり、痛みがあっても運動を続けたりといった事の積み重ねによって起こります。

スポーツ障害の症状

スポーツ障害には下記のような症状がございます

•肘(テニス肘・野球肘)
•肩(野球肩)
•膝(ジャンパー膝)
•ふくらはぎ(シンスプリント)
•足首捻挫
•足底筋膜炎等の痛み

事前に整形外科等で診断・治療を受けた方が安心な場合があります。それから、来院されても構いません。

治療法

①骨格の歪みからきている痛みなのか?

⇒ 身体のバランスが崩れてしまうことにより、スポーツでのパフォーマンスが低下します。崩れたバランスを補正するために他の関節や筋に無駄な力がかかり痛みが出ていることがあります。その崩れたバランスを骨盤矯正で整えてあげると身体は自然と動いてくれるようになります。

②筋・靭帯損傷からきている痛みなのか?

⇒ トリガーポイント針・マッサージ療法など

③筋・靭帯損傷の再発予防?

⇒ テーピング療法


当院では骨格のゆがみからきている痛みには矯正を行います。正常な位置にもどるとその場で痛みが取れることがあります。
また、筋・靭帯などの損傷やコリからきている痛みには針、手技療法などでコリをほぐしていきます。
テーピングは怪我の応急処置・予防の目的で行います。
また、テーピングをすると心理的な安心感が出てくるため、プレーに集中することができます

患者様お一人お一人をしっかり診断して上で、原因を導き出し、骨格と筋の両方からのアプローチで最適な施術を行うよう努力しています。
※負傷原因がないケースなどは保険適応外となり、自費治療となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA