産後1~6ヶ月くらいのお母さんに多い悩みだと思います。
離乳食が始まるまでは、赤ちゃんの栄養源はミルクか母乳。
とくに完全母乳で頑張っているお母さんにとって
実は授乳って結構な労力を使うものなんですよね。

育児の雑誌や、本には
授乳感覚はだいたい3時間・・・なんて書かれていますが
実際にそんなに間隔があく赤ちゃんのほうが少ないのではないでしょうか。
実際に私の場合も、酷いときは1時間半等ザラでした。

母乳はミルクに比べて消化がよくて
早くお腹が空きやすいんですよね。
さらに赤ちゃんによって一度に飲める量も違うので
早く欲しがることがあっても当たり前。

こんなとき「3時間まであと30分だから我慢させるべき?」と
悩みますが、結論から言えばその必要は無いです。
赤ちゃんはお腹が空いたとき以外でも
不安なことがあったり、お母さんに甘えたいとき
おっぱいを欲しがります。
そんな時はすぐにあげてOKですよ。
実際私もそうしていましたが
普通に卒乳できました。
離乳食も良く食べたので、10ヶ月での卒乳でした。
結果、授乳感覚と卒乳やおっぱいへの執着は関係ないです。

完全母乳で授乳間隔があかない間は
外出もなかなか難しく感じて
家に閉じこもりがちですが
授乳ケープを持参したり
個室のお店を探すなど工夫すれば
外出も十分可能です。
また、生まれてからずっと、たまにミルクを飲ませる時間を作っておけば
外出先ではミルク、という工夫も可能かなと思います。

赤ちゃんにとって心と体の栄養源である母乳。
今だけの幸せタイムの授乳を、思い切り愛しく、楽しんでくださいね。

ご興味、ご相談ございましたら、
お電話、又はメールにてお問合せください。

産後ママの骨盤矯正

ふくづか鍼灸整骨院

〒579-8036 東大阪市鷹殿町4-21

お問合せは  
072-988-5785

又はメールで。 

ホーム/骨盤矯正/クーポン
患者様の声/施術時間・地図