生後一ヶ月以降になると、ほっぺたやおでこに、湿疹が見られることが多くなります。
赤いものやガサガサしたものなど
色々ありますが、これらはすべて乳児湿疹と言われます。
いきなり赤ちゃんの顔に湿疹が出ると驚いてしまいますが
ケアは簡単なものなので落ち着いて行いましょう。

まずは赤いプツプツしたものや
少しジュクジュクしたものは
保湿が大切です。
清潔なガーゼで朝昼晩と、お湯で顔を拭いてあげて
そのあと保湿をします。
市販の乳液でもいいですが、小児科でプロペトなどの保湿剤をもらえるので
その方がおすすめです。
赤くなる原因は色々ありますが
向きグセがあると、汗やよだれが片方に行きやすく、そちらがかぶれたりします。
向きグセの改善も、湿疹の改善につながるかもしれません。

次に肌色や茶色っぽくガサガサと肌が剥がれたようになる湿疹のこと。
こちらは脂漏性湿疹というもので、
脂が出てきて固まってしまうもの。
これはお風呂でふやかして、浮き出てきた分を優しくガーゼで拭き取るのが良いです。
無理やりはがしたり、強くこするのはだめですよ。
見た目が気になることが多いので、つい早く取ろうとしてしまいますが、逆効果になるので焦らないで!
こちらも清潔と保湿も肝心です。

また、湿疹が続くと
「うちの子アトピーなのでは?」と気になるママも多いと思いますが
アトピーなのか乳児湿疹なのかの判断は
1歳にならないとわからないことが多いので
まずは湿疹のケアを頑張っていくことを優先していきましょう。
あまりにもジュクジュクが酷いときは
赤ちゃん用の弱いステロイドを処方してもらい
短期決戦で治すことも有効ですよ。

赤ちゃんの湿疹はお母さんにとっての悩みの一つですが
焦らず的確に対処すれば必ず良くなりますので、落ち着いて対応しましょうね!

ご興味、ご相談ございましたら、
お電話、又はメールにてお問合せください。

産後ママの骨盤矯正

ふくづか鍼灸整骨院

〒579-8036 東大阪市鷹殿町4-21

お問合せは  
072-988-5785

又はメールで。 

ホーム/骨盤矯正/クーポン
 患者様の声/案内・地図