産後の骨盤を元に戻すと

ゆがみによって生じていたさまざまな症状、たとえば肩こりや腰痛、冷え性、便秘、不妊、生理痛などの不快な症状を改善することができます。
特に女性にとっては、子宮や卵巣に負担がかからなくなり、女性ホルモン作用が正常に戻るため、肌荒れの解消も期待できます。便秘が解消されれば、老廃物の排除による美肌効果も得られます。
また、骨盤を矯正すると、血液やリンパ液の流れが改善され、新陳代謝が活発になります。新陳代謝による脂肪燃焼効果はダイエットにつながるため、近年では骨盤矯正によるダイエット法も普及しています。

当院ではゆがみの無い骨盤が美容や健康を保つ上でとても重要だという考えのもと、矯正だけではなく姿勢の指導などにも力を入れさせていただいてきました。

それまでにも、出産後の方に対して骨盤の矯正は行わせていただいていたのですが、妻の出産を機にあらためて産後の骨盤というものに注目させていただいた時、そこには出産前後の独特の骨盤開閉メカニズムや、妊娠時の姿勢、出産後の生活の変化(抱っこする・授乳する・荷物を持つなど)などが複雑に絡み合い産後の骨盤が独特の変化をすることがわかりました。

 

-妊娠中の骨盤-
胎児の成長に合わせて、骨盤の骨と骨をつないでいるスジをゆるめるホルモンがどんどん出てきますので、骨盤もどんどん開いていきます。
骨盤が開くことは胎児が大きくなるためには必要な事なのですが、骨盤自体にゆがみをつくりやすいので、姿勢などには注意が必要です。

 

-出産時の骨盤-
赤ちゃんが産道を通る時の刺激が脳に伝わり、一気に骨盤をひきしめるホルモンが放出され、骨盤の骨と骨をつないでいるスジが硬くなります。
このとき通常であればきれいに骨と骨が元の状態にひっつくのですが、骨盤自体にゆがみがあるとゆがんだ状態のままでひっつくことがあります。

また帝王切開の方も、赤ちゃんが産道を通らないために『出産したよ』という刺激が上手く脳に伝わらずに、体が妊娠状態から産後状態に切り替わらず、いつまでも妊娠状態が続いているかのようなままで、体調の悪い方がいらっしゃいます。

 

-出産後の骨盤-
出産後、一気に閉じたはずの骨盤ですが、1ヶ月~1ヶ月半ほどは骨盤の骨と骨をつないでいるスジが非常に弱い状態です。
この時期に悪い姿勢などを繰り返していると、強いゆがみをつくってしまう原因になります。また、出産後は授乳や、抱っこ、今までと違う荷物を持ったりと何かと体に負担がかかりやすいもの、特に姿勢には気を付けたいですネ。