男の子育児中のお母さんによく聞かれる悩みで
「鼠頸ヘルニア」があります。
女の子にもある病気ですが男の子に多いそうです。
どんなものか知っていますか?

平たく言えば脱腸です。
男の子で言うとおちんちん、タマタマの上の部分の袋が
完全に閉まらないまま生まれてきたがために
お腹の中で脱腸して、腸が出てきてしまい
足の付け根やタマタマが膨れてしまうんですよね。
普段は出ていなくても
いきんだり泣いたりすると出てきます。
実際に私の息子も鼠頸ヘルニアでした。

2ヶ月のときにおむつ替えしていて気づき受診。
鼠頸ヘルニアと言われましたが
6ヶ月までは自然治癒がある病気なので
自宅観察になりました。

この病気は特に痛みはなく
本人も痛くて泣いたりすることは基本的にありません。
ただし、腸が出てくる穴が小さい場合
そこに腸が詰まってしまうと要注意。
最悪、腸が壊死してしまいます。

しかしこの場合は尋常じゃなく泣きますし
見た目も皮膚の上から分かるほど腫れたりするそうなので
そこを注目してあげていれば大丈夫。

今現在、おかしな膨らみを感じていたら
まずは受診してください。
小児外科のある病院がベストです。
穴の大きさを見てもらえば
どの程度キケンなものなのかわかりますし
キケン度が低ければ安心できますよね。

一般的に6ヶ月まで治らなければ
2泊3日程度入院し、手術して直します。
簡単な手術なので安心してくださいね。

お母さんになるとさまざまな病気に触れるものですが
不安に負けず頑張りましょう。
ご興味、ご相談ございましたら、
お電話、又はメールにてお問合せください。

産後ママの骨盤矯正

ふくづか鍼灸整骨院

〒579-8036 東大阪市鷹殿町4-21

お問合せは  
072-988-5785

又はメールで。 

ホーム/骨盤矯正/クーポン
 患者様の声/案内・地図