生後1ヶ月以降は
ベビーバスではなくて
大人と同じお風呂に入浴させられるようになりますよね。
こんな時に抱える不安は
「ママと2人のお風呂はどうやったらいいの?」というものです。
自分が洗っている間赤ちゃんはどうすれば?
あがった後はどうしたら?
不安はたくさんありますよね。
オススメの方法をご紹介します。

洗い場でお風呂椅子を使って待たせる。

もし赤ちゃんが寝ているときに入浴するなら
部屋で寝かせて待たせておいてもいいですが
起きているときに泣かせて置くのが心配な方や
3ヶ月以降、寝返りやずりばいが始まっていて
一人にしておけない方には
お風呂椅子がおすすめです。
首座り前でも使えるバウンサーみたいなものも
販売されていますよ。
これを使って待たせておけば、洗っている間も
目が行き届いて安心ですよね。
ウチの場合はお風呂椅子に座らせると
泣いていても泣き止むくらい、お風呂椅子が大好きでした。

スイマーバーを使う

今話題のスイマーバー。
赤ちゃんの首につける浮き輪みたいなもので
お風呂に赤ちゃんを浮かせておくことが出来ます。
きちんと目が行き届くように気をつけていれば
安全に問題はなさそうです。我が家も一時期使いました。
しかしこれはなるべく早く始めないと
怖がって使えないことが多いようなので
使うようなら早めに。

お風呂上りはバスローブを

お風呂上り、赤ちゃんを裸でタオルにくるんだら
自分はバスローブを着てしまえば
すぐにお部屋に移動でき
赤ちゃんを寒い思いをさせずにすみます。
大人用のバスローブを用意するのがおすすめです。

1人でお風呂に入れるのは大変ですが
赤ちゃんとのお風呂タイムは
やわらか肌に触れられる、しあわせタイム。
しっかり準備して、
穏やかな気持ちで入浴を楽しみたいですね。

ご興味、ご相談ございましたら、
お電話、又はメールにてお問合せください。

産後ママの骨盤矯正

ふくづか鍼灸整骨院

〒579-8036 東大阪市鷹殿町4-21

お問合せは  
072-988-5785

又はメールで。 

ホーム/骨盤矯正/クーポン
 患者様の声/案内・地図