ママのほとんどが悩むといわれている「寝かしつけ」。
なかなか寝ない、遊びだしてしまう、
泣き出してしまう…
ママの悩みは尽きません。

そんなママにおすすめなのは
「ねんねの儀式」を決めること。
決まった絵本をお布団で読んであげる、
子守唄を歌う、など
毎日続けられる簡単な決まりごとを決めておくことで
それをするだけで
「あ、ねんねするんだ」と
本人が意識できて
スムーズな入眠につなげることができるというものです。

生後3~4ヶ月からでも
始めることができると言われています。
ウチの場合は生後10ヶ月の卒乳と同時に始めました。

我が家の場合は
お気に入りのオレンジのブランケットがあるので
寝かせた時にそれをかけてあげて
笑顔で「おやすみだよ~」と声をかけます。
その後お布団をかけて添い寝して、
子守唄を歌ったり
その日の出来事を話しかけながら
トントンしてあげると
娘はそのまま眠りについてくれます。

ブランケットはどこでも持ち歩けるので
帰省時も便利でした。

同じ方法で寝かしつけを始めて
1ヶ月もすれば、寝かしつけにかかる時間は半減して
とっても楽になりました。
「寝かしつけって大変だったっけ?」と思うほど。

寝かしつけが楽になると
赤ちゃんが寝た後の自分の時間も増えて
リフレッシュできるようになり
育児がさらに楽しくなりますよね。

「ねんねの儀式」は毎日続けられることならなんでもOKです。
ぜひ試してみてくださいね。
ご興味、ご相談ございましたら、
お電話、又はメールにてお問合せください。

産後ママの骨盤矯正

ふくづか鍼灸整骨院

〒579-8036 東大阪市鷹殿町4-21

お問合せは  
072-988-5785

又はメールで。 

ホーム/骨盤矯正/クーポン
 患者様の声/案内・地図