骨盤のゆがみは、3パターンあります。
   あなたの骨盤のゆがみは、

①左右のゆがみ? 

②前後のゆがみ? 

③開閉のゆがみ? 
 
・左右の「骨盤のゆがみ」は脚の長さや左右の筋バランスから腰痛、ヘルニア、坐骨神経痛、背部痛、肩こり、頭痛、めまいなどの身体の不調が現れます。

・前後の「骨盤のゆがみ」で猫背やぽっこりお腹などの姿勢不良のもと。

・開閉の「骨盤のゆがみ」はヒップの張り、ふとももが太くなる、O脚などの脚のトラブルが起きやすい。
  

骨盤は、3つの骨が仙腸関節という蝶番のようなジョイントでつながっている
 この関節は数ミリほどしか動かないが、このわずかな動きが、歩く、しゃがむ、足を上げるといった基本的な動作を支えている。

 この関節が片寄ってずれ、そのまま固まってしまうのが「骨盤のゆがみ」の正体だ。

 

 現代人は歩く、しゃがむといった機会が少ないので仙腸関節があまり動かない。

 だから周りの筋肉が硬直し最後には癒着してしまう。

 よく歩いていれば骨盤はゆがまない。
  

骨盤のゆがみには、「左右のゆがみ」「前後ゆがみ」「開閉のゆがみ」の3通りある

 骨盤の左右のゆがみは体が横に傾くか、ねじれるので筋肉が偏って緊張し腰痛や肩こりになりやすい。

 「いつも右肩だけがこる」などというのが典型的パターン。

 

 骨盤の前後のゆがみで典型的なのは骨盤が後に倒れるもの。

 これは骨盤を立たせる筋肉が弱った結果だ。

 仙腸関節は両方とも開き骨盤が開いた状態になる。
骨盤の開閉のゆがみはヒップにお肉が付きやすい。

股関節、膝関節、足関節に負担をかけて将来関節炎が起こりやすくなる。

女性が気になるものでO脚がありますが、膝関節だけの問題ではなくて、骨盤、股関節、膝関節など脚の関節すべてのゆがみが原因であることが多いです。    

正常な骨盤は、エックス線写真で見ると逆三角形に見える
 バックをいつも片側にかけたり脚を組むクセがあると仙腸骨が偏ってズレ骨盤が左右にゆがむ。

 背中の筋肉も偏って緊張し肩こりや腰痛になりがち。

 一方、猫背や足を投げ出す座り方の人は骨盤が開いて後ろに倒れる。(骨盤の前後のゆがみ)

 腹筋、背筋が弱く、疲れやすい。冷えやむくみも多い。

 エックス線写真では中央の穴が横長に見える。

 
 あなたのゆがみは、左右? 前後? 開閉?チェックしてみましょう。
<左右にゆがんだ骨盤>

 ・座るときに足を組むクセがある

 ・靴が片減りする

 ・立っているとき、つい壁やドアに寄りかかってしまう

 ・O脚またはX脚である

 ・立つ時に腰が痛く、たたいたりさすったりする

 ・仰向けに寝たとき、足先の開き方が左右均等でない
 左右にゆがんだ骨盤

 左右のゆがみは、腰痛や肩こり、

生理痛が起きやすい。

脚の長さがそろわず、片脚が

曲がってO脚になることも。

球やテニスなど利き腕ばかり

使うスポーツをやりぎると危ない。
 片足が曲がっている

  

<後に倒れた骨盤>
 ・猫背である

 ・靴が外側ばかり減る

 ・ズボンのひざが外に開いて型がつく

 ・ソファや電車のシートに座るとき足を前に投げ出す
 

 開いて後ろに倒れた骨盤

 骨盤が開いて後ろに倒れると、

腹筋、背筋が緩み、内臓が

圧迫され活力が出ない。

下半身への血行が悪いのでむくみがち。

また、ウエストはずん胴、ヒップは

のっぺりと平らになる。
 

足を前に投げ出して座る
若者に増える骨盤の異常
 

四角い骨盤症候群
 最近の若者に、異常な形の骨盤が増えている。それが四角い骨盤。

 全体の形が本来の逆三角形ではなく、四角い骨盤になっている。

 

 このため姿勢が極端の不安定。座っていても不安定なため、脚を絡める組み方をする。

 もはやゆがみではなく変形だ。

 骨盤が固まる9~10才頃にアヒル座りをするとこうなる。

   

アヒル座り
 この体勢で座ると骨盤の下側が強く引っ張られる。

 骨盤が固まる9~10才ころに、いつもこうやって座っていると

 四角い骨盤になってしまう。
 
 
からめ座り
 脚を組んだあと、上の脚をもう一度下の脚の後に引っかける、からめ座り。

 よほど体が柔らかくないと難しそうだが、四角い骨盤の人は

 こう座らないと安定しない。
 
ご興味、ご相談ございましたら、
お電話、又はメールにてお問合せください。

産後ママの骨盤矯正

ふくづか鍼灸整骨院

〒579-8036 東大阪市鷹殿町4-21

お問合せは  
072-988-5785

又はメールで。 

ホーム/骨盤矯正/クーポン
 患者様の声/案内・地図