タグ別アーカイブ: ゆがみ

「ねんねの儀式」でスムーズな入眠方法を!

ママのほとんどが悩むといわれている「寝かしつけ」。
なかなか寝ない、遊びだしてしまう、
泣き出してしまう…
ママの悩みは尽きません。

そんなママにおすすめなのは
「ねんねの儀式」を決めること。
決まった絵本をお布団で読んであげる、
子守唄を歌う、など
毎日続けられる簡単な決まりごとを決めておくことで
それをするだけで
「あ、ねんねするんだ」と
本人が意識できて
スムーズな入眠につなげることができるというものです。

生後3~4ヶ月からでも
始めることができると言われています。
ウチの場合は生後10ヶ月の卒乳と同時に始めました。

我が家の場合は
お気に入りのオレンジのブランケットがあるので
寝かせた時にそれをかけてあげて
笑顔で「おやすみだよ~」と声をかけます。
その後お布団をかけて添い寝して、
子守唄を歌ったり
その日の出来事を話しかけながら
トントンしてあげると
娘はそのまま眠りについてくれます。

ブランケットはどこでも持ち歩けるので
帰省時も便利でした。

同じ方法で寝かしつけを始めて
1ヶ月もすれば、寝かしつけにかかる時間は半減して
とっても楽になりました。
「寝かしつけって大変だったっけ?」と思うほど。

寝かしつけが楽になると
赤ちゃんが寝た後の自分の時間も増えて
リフレッシュできるようになり
育児がさらに楽しくなりますよね。

「ねんねの儀式」は毎日続けられることならなんでもOKです。
ぜひ試してみてくださいね。
ご興味、ご相談ございましたら、
お電話、又はメールにてお問合せください。

産後ママの骨盤矯正

ふくづか鍼灸整骨院

〒579-8036 東大阪市鷹殿町4-21

お問合せは  
072-988-5785

又はメールで。 

ホーム/骨盤矯正/クーポン
 患者様の声/案内・地図

赤ちゃんの風邪の対処法とは

生後半年をすぎると
おっばいからもらう免疫が切れて
風邪をひく赤ちゃんが増えてきます。

赤ちゃんがはじめて風邪をひいたとき
ママはどうしたらいいかわからず焦ってしまいがち。
基本的な対処法はどうしたらいいのでしょうか。

まずは受診のタイミングですが、発熱して辛そうなら受診してOKです。
発熱はなく、鼻水や軽い咳だけなようでしたら、
受診すると逆に流行りの風邪や伝染病をもらう可能性もあるので、
家で様子を見ても良いでしょう。

家での対処としては、発熱なら特に水分の摂取に気をつけてあげてください。
熱が出ているときは、ポカリスエットなどの甘い飲み物でも、ほしがるようならあげてOK。
とにかく脱水だけは避けてあげましょう。

また、鼻水が酷い場合には鼻吸いが効果的。
薬局で、手軽に鼻吸いできる道具が売っていますので
活用してみてください。
小児科でも鼻吸いしてくれるところがありますので
病院でお願いしてみても良いでしょう。
鼻吸いをきちんとしないと鼻水が喉に回ってしまい
痰が絡んできたり、ゼロゼロ言ったりしますので
鼻吸いを行うことは重要なのです。

最後に、ママがうつらないように
うがい手洗いをマメに行うこと。
我が家ではかなりの割合で風邪をうつされていました…
看病するママはどうしてもうつされがちですが
体調を崩してもお世話は減らず
辛い思いをしますので、ぜひ予防をしましょうね!

赤ちゃんの風邪は
本人もママも辛いものですが
「また一つ免疫をつけるのね」と思って
落ち着いて看病しましょうね。
ご興味、ご相談ございましたら、
お電話、又はメールにてお問合せください。

産後ママの骨盤矯正

ふくづか鍼灸整骨院

〒579-8036 東大阪市鷹殿町4-21

お問合せは  
072-988-5785

又はメールで。 

ホーム/骨盤矯正/クーポン
 患者様の声/案内・地図

1人でお風呂に入れるのはどうしたらいいの?

生後1ヶ月以降は
ベビーバスではなくて
大人と同じお風呂に入浴させられるようになりますよね。
こんな時に抱える不安は
「ママと2人のお風呂はどうやったらいいの?」というものです。
自分が洗っている間赤ちゃんはどうすれば?
あがった後はどうしたら?
不安はたくさんありますよね。
オススメの方法をご紹介します。 続きを読む